So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

夏の特別展|迷宮の悪夢 [exhibition]

2018年7月13日(金)~7月29日(日)
12:00~20:00日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊


2018年夏、妖美に満ちた世界への誘い

visual.jpg

gallery fuでは2018年7月13日(金)から7月29日(日)まで、気鋭の作家12名による夏の特別展「迷宮の悪夢」を開催いたします。
人は誰しも心のなかに光と闇を持っています。惜しみない愛情が光とするならば、憎しみ、嫉妬、怒り、哀しみは闇といえるのでしょうか。闇があるからこそ光が際立ち、光を意識し、未来を切り開くことができるのでしょう。しかし、ときとして人間は自身が抱える闇に打ち負けてしまうのかもしれません。本展覧会では、ともすれば蓋をされ、なかったことにされてしまう人間の奥底に隠れている闇(=恐怖)に迫ろうと試みました。12名の作家が描く、幻想的、空想的な事象を主要な要素とし、美しさのなかに潜む恐怖、恐ろしさのなかに秘められた美が浮かび上がる作品をぜひご高覧ください。

迷宮の悪夢によせて
「恐怖の美学と幾何学」
矢澤利弘(ダリオ・アルジェント研究家)

人々が暗闇を恐れるのはなぜだろう。およそあらゆる生き物にとって、未知のものに対する「怖い」という感情は最も根源的なものである。歴史的に見て、人類はありとあらゆる恐怖に支配されてきた。
2007年に出版されて以来、ベストセラーとなっている中野京子の『怖い絵』シリーズを持ち出すまでもなく、美術史において、絵画と恐怖とは切っても切れない関係にある。人は恐怖に陥ることを忌み嫌う。ではなぜ人々は恐怖の世界を描いたアートに魅せられるのだろうか。
芸術の世界の恐怖と現実の恐怖とは切り離して考える必要がある。イタリアの恐怖映画の巨匠監督ダリオ・アルジェントは次のように語っている。
「殺人は映画の中で重要な要素である。だが、騒ぎ立てる必要はない。なぜなら、観客は殺人が物語だと知っているからだ。映画の死は現実ではなく、血は作り物だと分かっている」。
途方もない出来事や悪夢のような世界。あまりに暴力的なので思わず顔を背けたくなる作品もあるかもしれない。しかし、アートのなかでの体験は現実の恐怖とは違う。
「怖い」アートに触れることは儀式に参加するようなものである。現実を離れて、徹底して作り込まれた形式美がもたらす快楽を堪能することこそが、悪夢を具現化した作品を観る楽しみのひとつだ。人々は暗闇を恐れる。だが、まばゆい光のもとでは我々は眠ることができない。深い眠りにつき、自らの心を癒すためには夜の暗闇もまた必要なのである。

それでは心に余裕を持って、この崇高な儀式に参加しようではないか。

参加作家|アズミ紗羅|川口絵里衣|齋藤杏奈|空野菜摘子|担木目鱈(タギメタラ)|田代聖晃|平野太一|牧田恵実|宮川慶子|山口友里|横田宙八|渡邊里絵香


共通テーマ:アート

7月、8月の展覧会情報 [exhibition]

21人の新進気鋭の美術作家をご紹介いたします。

特別展|迷宮の悪夢
visual.jpg
7月13日(金)から7月29日(日)
美しさに潜む恐怖を暴きだすダーク・ファンタジー
参加作家|アズミ紗羅、川口絵里衣、齋藤杏奈、空野菜摘子、担木目鱈、田代聖晃、平野太一、牧田恵実、宮川慶子、山口友里、横田宙八、渡邊里絵香

特別展|ブルースカイ・ホール
bsh_001.jpg
8月3日(金)から8月15日(水)
美術制作に真摯に取り組む8人の若手美術作家による展覧会
参加作家|石山あゆみ、佐藤泉、白谷琢磨、田中綾子、藤田卓実、宮林妃奈子、森野大地、山田和樹
※)個の展覧会は8月6日から8月15日まで東京・江古田のワンズスタジオで上演される舞台「青い眼の赤トンボ」にエールをおくります(「青い眼の赤トンボ」詳細はこちら→PDF

青島綾音展|landscape
23.jpg
参考作品
8月24日(金)から9月1日(土)
昨年に続き、青島綾音のgallery fuでの2度目の個展。作品に広がる“窓の向こうの空間”に、それぞれは、どんな風景を思い浮かべるのか。

どうぞご期待ください。



共通テーマ:アート

荒井郁美|ペインティング・パレット [exhibition]

6月5日(火)~6月17日(日)
12:00~20:00 日曜日18:00まで 入場無料 月曜日休廊


パレットを描くためのパレットを描く

PP_001.jpg

gallery fuでは、6月5日(火)から6月17日(日)まで、荒井郁美の展覧会「ペインティング・パレット」を開催いたします。
少壮気鋭の美術家、荒井郁美は、日常のなかでは見過ごしている事象に対して深い眼差しをむけ、そこにある違和感(しっくりしない感じ)をさまざまな角度から捉え、ていねいに作品化していきます。本展覧会の「ペインティング・パレット」は、絵を描くための道具としてのパレットを絵のモチーフとしているのですが、それらはすべて、その絵を描く際に使ったパレットを描いた作品となっています。はたして、「絵画は〈すべてがすでに示されている〉という〈形〉を持っていて、その〈形〉が活きる構造を探している」という荒井郁美が描く「ペインティング・パレット」は、美術が美術でなければならない意味を問いかけます。

展覧会によせて
このたび、gallery fuにて新作「パレット」シリーズを展示致します。

それぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレットです。

着想の段階では、「描かれる内容と描く行為が干渉し合うこと」や「作用と反作用」という観点から作品を考えました。「作用と反作用」とは、「描けば描くほど整ってゆく作品」と「描けば描くほど乱れてゆくパレット」のことです。正反対の方向に向かうふたつの状態が、ひとつの行為(描き)によって発生しているという構造です。実際の制作では、さまざまな気づきや具体的な制約が段階的に見えてくるでしょう。その都度対応し描き方を考えるという方法で、表現を目指すことにしました。

また、このシリーズは、すべての痕跡が表現であると同時に手掛かりとなって、絵画そのものだけで作品が成立するのではないかという期待がありました。描かれているのが本当に制作に使ったパレットだということを証明するためだけに、たとえば制作過程を記録した映像を流したり、実物のパレットを見せたりする必要はないということです。絵での表現を目指すにあたり、絵画ならではのすべてが既に示されている「形」への憧れがありました。

ご高覧いただければ幸いです。

また、制作と並行して書きためていた文章と回文をまとめた本「中身の見えない透明な器」をつくりました。今回の展示内容とは関係ありませんが、会場にて販売いたします。(荒井郁美)

荒井郁美/arai fumi
1991年 長野県生まれ
2014年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2016年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修士課程修了
主な展示|個展
2014年「第62回 東京藝術大学卒業・修了作品展」東京都美術館、東京藝術大学(東京)
2015年「くまの古道美術展 in 紀伊長島 2015|アート、海の街で」紀北町紀伊長島区松本|風の広場(三重)
2016年「第64回 東京藝術大学卒業・修了作品展」東京藝術大学(東京)
2018年「個展|ペインティング・パレット」gallery fu(神奈川・横浜)


荒井郁美website→ http://www.araifumi.com/

共通テーマ:アート
前の3件 | -

top pageへ

gallery fu(gallery and cafe fu)の情報はfacebookでもご覧になれます→f ]facebook