So-net無料ブログ作成

シムラヒデミ|Parallel World [exhibition]

4月24日(火)~5月6日(日)
12:00~20:00日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊


はたして、自分の目の前に現われている現実世界とは。

180424_001.jpg

2000年以上の歴史を持ち中国の刺繍工芸のなかで最も古くから発達した蘇州の刺繍(蘇繍)に使用されるシルク製の糸の色数は約1400色といわれています。その独特の輝きと色数の豊富さを用いて作品を制作するシムラヒデミが、それらの作品とともに、「パラレルワールド」をテーマに今年3月、蘇州で滞在制作したインスタレーション作品を展示します。

「この現実世界は本当に私たち自身が望んだものなのか? それともどこかに私たちの理想の現実世界が存在するのか? もし存在するとしたら、そこで私たちは何をして暮らし、どんな景色を見ているのだろうか?」我々が認識する現実世界と並行して存在する別の現実世界、パラレルワールド。この現実とは別の現実が存在するのならば、はたして自分の目の前に現われている現実とはいったい何なのかを問うシムラヒデミのインスタレーション、蘇州産のシルク糸がおりなす、その美しい問いかけをぜひご高覧ください。

シムラヒデミ/Shimura Hidemi(現代美術作家)
1974年 静岡県出身
1997年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科ファッションデザイン専攻卒業
2007年 中国上海市に拠点を移し、現代美術作家として制作活動
2013年 日本に帰国、現在埼玉県所沢市在住
代表作は中国蘇州産のシルクやコットンの刺繍糸をストライプ状に巻きつけた作品「サイレントインベーダー」シリーズで250点以上制作している。
主な活動
1997年「小野画廊現代美術小品展」入選(東京)
2003年「プリンツ21グランプリ」入選(東京)
2004年「galleryEsiesta |Next One’s Competition」 入選(東京)
2008年「インターナショナルアワード展」グランプリ獲得(米、ユタ州・SEGO Art Center)
2014年「TDW アートフェア」準グランプリ(東京・東京デザイナーズウィーク)
2014年「西脇市サムホール大賞展」入選(兵庫・西脇市岡之山美術館)
個展
2005年「Silent Invaders」Galerie Hitomi Bushi d’Eau(パリ)
2006年「Silent Invaders in Tokyo」ギャラリームーラン(東京)
2006年「Silent Invaders in LA」アートカフェKALDI(米、L.A.)
2010年「Silent Invaders in Shanghai 」雅巣画廊(上海)
2010年「蘇州色彩」本色美術館(蘇州)
2012年「Silent Invaders in Shanghai -No.2-」チャンスワークショップ(上海)
2012年「Silent Invaders in Shanghai -No.3-」M55 Ladyship’s Bar(上海)
2015年「シムラヒデミ個展」JINEN gallery(東京)
2015年「Silent Invaders Back in Tokyo」わいん場(東京)
2015年「Silent Invaders in Yokohama -シマシマ星人の部屋大公開-」gallery fu(横浜)
2016年「開花宣言」JINEN gallery(東京)
2018年「平行世界 -Parallel World-」(蘇州)
2018年「開花宣言Vol.2」JINEN gallery(東京)
ほか、国内外でのアートフェア、グループ展出展多数



共通テーマ:アート

立川志の八returns|RAKUGO fu×8 [performance]

4月5日(木)完全予約制
昼の部:開場 13:30開演14:00
夜の部:開場 18:30開演19:00


祝・立川志の八真打昇進♡
ついでに、祝・gallery fu 5周年♡
記念高座!


shinohachi_001.jpg

昨年6月に開催した「芸術と芸能の間で・・・~RAKUGO fu×8」に続くgallery fuでの落語会第2弾! 真打昇進を果たした立川志の八が「師匠」になって還ってきます。
祝・立川志の八真打昇進、ついでにgallery fu5周年記念として、昼夜2回公演。各回20席、完全予約制です。お早めにご予約ください!
gallery fu代表:鈴木智惠

立川志の八/たてかわ・しのはち
DSC_4635縮小.jpg
1974年5月24日、神奈川県横浜市生まれ
2000年5月 落語立川流、立川志の輔に入門
2009年2月 二ツ目昇進
2011年3月 第10回さがみはら若手落語家選手権 優勝
2012年9月 前橋 第四回若手落語家選手権 優勝
2017年11月 真打昇進
東京・渋谷、下北沢ほか、地元・横浜に定例落語会を開催中。
NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のコーナー「花鹿亭(はなしかてい)」に出演中。

立川志の八ウェブサイト|http://www.shinohachi.com/


共通テーマ:芸能

Miho Yamazaki写真展|a letter to [exhibition]

3月20日(火)~4月1日(日)
12:00~20:00 日曜日と最終日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊
あの場所と、あなたと私と私たち。

180320_001.jpg
180320_002.jpg
180320_003.jpg

本展覧会は、MihoYamazaki自身が東日本大震災後の東北を歩き、自身の日常を撮った写真と引き換えに東北の人々の手を撮影、それを用いて制作した作品からなる第1部と、彼女以外の人々が生活の中で撮影した被災地にまつわる写真からなる第2部の2パートで構成されます。
決して明確に分かつことのできないこれら2つの部分が展示空間の中で交ざり合うとき、そこにはひとつの結び目が立ち現われることでしょう。
「a letter to」ーあの場所と、あなたと私と私たち。MihoYamazakiが、私たちの日常と生活を問います。ぜひ足をお運びください。

本展覧会は、商業写真発祥の地(日本で初めて写真館がオープンしたことに由来する)横浜市で毎年行なわれている写真映像文化の祭典「PHOTO YOKOHAMA 2018|パートナーイベント」として開催します。

個展によせて
「皆それぞれに生活がある。東日本大震災後、そんなことを考えひたすら自分の日常を撮っていました。その後東北を歩いた私は、その写真を差し上げるのと引き換えに現地の方々の手を撮らせて頂いたのでした。なぜ手なのか? 手は私が愛して止まない身体の一部だからです。そこには生活が刻まれているから。行ないたかったのは、つまるところ生活の交換だったのです。そしてそれは、展示会場をご高覧くださった皆様を巻き込みながら、これからも続くでしょう。(Miho Yamazaki)」

Miho Yamazaki ミホ・ヤマザキ|Philophotographer/Writer
写真においては視線の一方向性ゆえ被写体への暴力や搾取が発生しうるという事実に悩み、自らの行為や行動の記録としての写真を作品表現にすることを試みるようになった。そうした探求の始まりともいえる作品「Overwrite_仮題」で、2014年「第4回トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」に入選。また別の試みとして制作した二重露光を用いたものを主とする複数の作品が「NikonPhotoContest 2016-2017」にて、全て一次審査を通過。2017年6月の群馬県桐生市で開催された「夏至祭 in Kiryu」での展示を経て、2018年3月本展覧会「a letter to」に至る。

Miho Yamazaki website→ こちら

共通テーマ:アート

top pageへ

gallery fu(gallery and cafe fu)の情報はfacebookでもご覧になれます→f ]facebook