So-net無料ブログ作成

写真展|鉄道でめぐる四季 [exhibition]

10月3日(火)~10月15日(日)
12:00~20:00 日曜日18:00まで 月曜休廊 入場無料


鉄道と四季のハーモニー

1111_001.jpg
 写真家・神島美明を招待作家に迎えて、山本喜久夫、三橋康弘、大森康生、大内雅史、磯部剛弘が「鉄道と四季」をテーマとした写真展を開催します。6人6様の視点で捉えた30数点の写真作品に加えて、鉄道関連のグッズなども展示。鉄道がもつ独特のリズムや時間の流れとともに写し出された日本の美しい四季を存分にお楽しみください。

展覧会によせて|statement
鉄道創業の街横浜で、6人のフォトグラファーによる写真展「鉄道でめぐる四季」を開催いたします。
日本で鉄道が開業してから145年(1872年10月14日、新橋駅−横浜駅間で正式開業)、鉄道は多くの人々の日常に欠かせないものとなりました。
そんな現代日本の鉄道と、四季折々の季節感があふれる景色のハーモニーをそれぞれの感性で表現します。
さまざまなジャンルで活動するフォトグラファーならではの鉄道風景をご高覧いただければ幸いです。

神島美明|kamishima yoshiaki(かみしま よしあき)
報道写真家からティーチングスタッフに。2009年、(社)日本写真学会正会員になる。
個展4回、共同展6回、写真集に「五百羅漢」。
写真教室の講師以外でもワークショップや撮影会の講師を数多く務め、これまで教えてきた生徒は2000名以上。

山本喜久夫|yamamoto kikuo(やまもと きくお)
昆虫などのマクロ撮影にて写真を開始。旅情と郷愁をテーマに鉄道写真を撮っていきたいと思っている。
写真歴14年、鉄道写真歴8年。多くのグループ展に参加。
JPS展、キャノンフォトコンテスト、タムロン鉄道風景コンテスト、鉄道ファンなどコンテストの入賞、入選多数。
ブログ|鐵路の記憶 : http://tabishajin.exblog.jp/
ブログ|心の記憶 : http://kickham.at.webry.info/

三橋康弘|mitsuhashi yasuhiro(みつはし やすひろ)
1983年神奈川県生まれ。日本写真協会会員。
現在はシステムエンジニアとして働きながら、休日を中心に写真作品を撮影している。
被写体は鉄道、人物、風景など多岐にわたる。
2016年1月に新宿のエプサイトにて『駅と彼女。』、2017年8月に表参道のナダールにて『今日も鉄道日和。』を開催した。
ホームページ:http://yasuhiromitsuhashi.wix.com/photo

大森康生|omori yasuo(おおもり やすお)
1977年生まれ。
美しいものをより美しく、簡単なようで難しい課題に日々取り組む。
15年間お休みしていた写真活動は、8年前に再開。
大切にしている心は、一期一会。
現在は、鉄道風景写真を中心に季節の風景をカメラにおさめる。
グループ展を6回開催。

磯部剛弘|isobar takehiro(いそべ たけひろ)
1987年に友人の勧めにより、花や風景を中心にいろいろなジャンルの写真撮影を始める。
2007年に、SLやまぐち号を撮影。メカメカしい姿と、力強い走りに感動し、それからSL撮影を始める。
風景や、花などの写真展を12回開催。

大内雅史|ouchi masashi(おおうち まさし)
神奈川県生まれ。
国鉄時代の終盤、鉄道撮影がきっかけでカメラを使い始める。
滝や渓谷などの風景撮影で写真の世界に魅了され、作品を意識した撮影活動に取り組む様になる。
国鉄終焉後、撮影機会がなくなっていた鉄道撮影を2009年に再開。
二人展1回、グループ展4回、御苗場3回。


共通テーマ:アート

篠原詩織 石山あゆみ |まぶたのうら [exhibition]

10月3日(火)~10月15日(日)
12:00~20:00 日曜日18:00まで 月曜休廊 入場無料


遠くを思って目をとじる。

IMG_8873.jpeg

 2017年春、東京藝術大学大学院(油画)を修了した新進の美術家、石山あゆみと篠原詩織による展覧会「まぶたのうら」を開催します。
 日常の中で出会うデザインやキャラクターなどのイメージを絵画の世界に静かに閉じ込め、その中で生命を与えることを試みる石山あゆみの油画、また、日常の何気ない風景を独自の視点で捉え直しうつしだす篠原詩織の油画とガラスを素材とし作品を使ったインスタレーション。目に映った実像と、目を閉じだなかに残る残像、あるいはイメージ、そのどちらも愛おしいというふたりの、そこから生みだされる作品にひかりをあてます。

展覧会によせて|statement
遠くを思って目をとじる。
目をひらいているときのかたちと目をとじているときのかたちはちがって、でもどちらもとても愛おしい。
作品をつくるということはこの世にかたちをつくること。
そのために、開いていた目をとじたり、閉じていた目をあけたりする。
(篠原詩織 石山あゆみ)

篠原詩織|shinohara shiori
shinohara-1.JPG
1991年 群馬県生まれ
2015年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室修了

主な活動
2014年「東京藝術大学油画研究専攻3年学年展示|Ping Pong!」神田 Arts Chiyoda 3331(東京)
2015年「第63回東京藝術大学卒業・修了作品展」東京都美術館(東京)
2017年「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展」東京藝術大学(東京)
website→ http://shiori-shinohara.tumblr.com/


石山あゆみ|ishikawa ayumi
ishiyama3.jpg
1991年 福島生まれ
2015年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室修了
現在 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室研究生

主な活動
2013年「DISCOVERY2013」KEY GALLERY(東京)
2013年「油画専攻・3年全グループ選抜展」多摩美術大学(東京)
2013年「先っちょ展」DESIGN FESTA GALLERY(東京)
2013年「0.5秒前の地層」多摩美術大学(東京)
2015年「TARGET」府中市美術館(東京)
2015年「2014年度多摩美術大学 美術学部卒業制作展」多摩美術大学八王子キャンパス(東京)
2015年「平成26年度第38回東京五美術大学連合卒業制作展」国立新美術館(東京)
2017年「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展|小さい天使」東京藝術大学(東京)
2017年「アートフェア|神戸アートマルシェ2017」
website→ https://ayumiishi.jimdo.com/


共通テーマ:アート

宮川慶子|filtration [exhibition]

2017年9月19日(火)~10月1日(日)
12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊


いたいけな者たちの、
はかない美と生命力に満ちた世界を創作する現代美術家、
「宮川慶子の思考」の可視化を試みる


0918_001.jpg

 立体作品や平面作品に加えて、詩や写真を使ったインスタレーションを表現手法とする新進の美術家、宮川慶子の展覧会「filtration」を開催します。一見、弱さや儚さを感じさせる美のなかに、しかし懸命な強さを込めた作品を発表する宮川は、2014年には美術家、奈良美智が選抜する若手作家を支援するプロジェクト「PHASE2014」に選ばれ、青森県立美術館・八角堂で展覧会「As I pray for you and me 」を開催。また2015年には平塚市美術館での「ペコちゃん展」に出展するなど精力的に活動しています。

 本展覧会「filtration」は、人が形成される(あるいは成長する)過程において受ける外的影響をそれぞれの深層意識のなかで「濾過(filtration)」しながら取り込んでいくことに着目、そこにある自らの思考を可視化することを試みます。


ヨコハマトリエンナーレ 2017 応援プログラム

0919_002.jpg

宮川慶子/miyagawa keiko
image.jpg
1991年 神奈川県横浜市生まれ
2014年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域 卒業
2016年 東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域修了
Award
2016「MONSTER Exhibition 2016」最優秀賞
2014「プロジェクト|PHASE 2014」奈良美智が選ぶ若手作家選抜
Solo exhibitions
2017「filtration」gallery fu(神奈川)
2016「Close yet far」galerieH(東京)
2015「Paresthesia」galerieH(東京)
2014「As I pray for you and me 」青森県立美術館 (青森)
2014「As I walk inside you」 galerieH(東京)
2013「向こうの入り口」 gallery元町(神奈川)
Group exhibitions
2017「浴槽とヒタキバを巡る小さな冒険」銭湯「宮の湯」跡地(東京)
2016「冬の所蔵品展」平塚市美術館(神奈川)
2016「Oni no Hashi/little by littele|前川ひな/宮川慶子 2人展」MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
2016「MONSTER Exhibition 2016」渋谷ヒカリエ 8/COURT(東京)
2016「東京造形大学大学院 修了論文/制作展 ZOKEI展」東京造形大学(東京)
2015「ペコちゃん展」平塚市美術館(神奈川)
2014「祈りのグラデーション」東京造形大学(東京)
2014「うつろいつつうらうら」アートラボはしもと(神奈川)
2014「掘りごたつハリケーン」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2014「東京五美術大学連合卒業修了作品展」国立新美術館(東京)
2014「東京造形大学卒業修了制作展 ZOKEI展」東京造形大学(東京)
2013「銀座彫刻博覧会|エストネーション銀座店開店5周年記念展覧会」エストネーション銀座店(東京)
2013「池田満寿夫 入江明日香 井田大介 宮川慶子 高橋亜弓 5人展」番町画廊(東京)
2013「I //// My ( ) 遠いところに結んでみる、近いところをほどいてみる」Vague Art Complex Bar(東京)
2013「-Relation B-」麻布十番ギャラリー(東京)
2012「交換日記的<CORRESPONDENCE>」東京造形大学(東京)
2012「Light room vol.10」大倉山記念館(神奈川)
2012「静脈果実 Light room vol.8」ブラフ18番館(神奈川)
Fair
2017「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2017」ホテルオークラ福岡(福岡)
2016「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2016」ホテルオークラ福岡(福岡)
2012「AAC Fresh!! ACT ART COM -Art &Design Fair-」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)





共通テーマ:アート

top pageへ

gallery fu(gallery and cafe fu)の情報はfacebookでもご覧になれます→f ]facebook

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。