So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

小林大悟の1日限りの特別展|一富士二鷹せんのりきゅう!? [workshop]

2018年1月7日(日)
1回目|13:00~15:00
2回目|16:00~18:00


絵本を読み解く!

rikyuDM01.jpg

美術家であり絵本作家でもありアート・コミュニケータとしても活動する小林大悟が、自作の絵本「せんのりきゅう」を使って「絵本の読み解き」を行なうワークショップを開催します。
絵本「せんのりきゅう」は、富山県射水市大島絵本館が開催する「おおしま国際手づくり絵本コンクール2014」で最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞し2015年に大島絵本館から出版された作品。その1ページ1ページを“色、かたち、手触り、構図など、参加者とともにあらゆる角度から深く読み解こうというものです。
開催日|2018年1月7日(日)
1回目)13:00~15:00(12:30~受付)
2回目)16:00~18:00(15:30~受付)
参加者|各回6名(事前申し込み)
会 場|gallery fu 神奈川県横浜市中区石川町1-31-9
講 師|小林大悟(美術家・絵本作家・アートコミュニケータ)
主 催|東京藝術大学
※当日の様子は、広報や記録用に録音と撮影を行ないます。予めご了承ください。


絵本|せんのりきゅう
ehon_rikyu.jpg
2015年7月17日
射水市大島絵本館刊
1080円(税込)

手のひらサイズの主人公りきゅうさんはお茶を点てるのがとてもじょうず。ある日、お茶をごちそうした青年から“打ち出の小槌”をもらいます。これで体を大きくできると喜んだのもつかの間、使い方を誤り、りきゅうさんが3人に増えてしまいます。そして、10人、100人、どんどん増えてゆくのでしたがーー。
「アイデアだけではない魅力は作者の持つセンスによるもの。丁寧な絵画表現と絵本ならではのストーリー展開。思わず笑いがこぼれます。千利休を知る人も知らない人も興味をそそられ、読み進んで最後の落ちに爆笑するかどうかはそれぞれでしょう。ナンセンス好きの子ども達と一緒に読みたくなる1冊」(「おおしま国際手づくり絵本コンクール2014」審査員講評より抜粋)

小林大悟/kobayasi daigo(美術作家・絵本作家)
1990年 東京生まれ
2014年 多摩美術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
アート・コミュニケータ「とびらプロジェクト」三期メンバー






共通テーマ:アート

特別展|gift [exhibition]

2017年12月1日(金)~12月24日(日)
12:00~20:00 日曜日は18:00まで 月曜日休廊


心に響く「gift」を。

171118_01.jpg

「生まれながらの才能」を人は天からの贈り物、「gift」と呼びます。

gallery fuは、2017年最後の展覧会として、11人の美術家の作品を一堂に会した「gift」を開催いたします。この1年あまりの間にgallery fuが新たに出会った才能をご紹介します。会期は「ゆっくりとご覧いただきたい、何度でも足をお運びいただきたい」との思いから、gallery fuの展示としては最長となる24日間としました。
時間の許す限りじっくりとご覧いただき、大切なかたへの贈り物として、また自分自身へのご褒美として、心に響く「gift」を見つけてください。ゆったりと流れる静かな時間のなかで。
※作品はすべてご購入いただけます。また一部作品はその場でお持ち帰りいただけます。

出展作家
アズミ紗羅|阿部智子|あるがせいじ
上田智之|コムロヨウスケ|篠原詩織
白谷琢磨|田中綾子|服部睦美
山田和樹|David John Talor(デヴィッド・ジョン・テイラー)

共通テーマ:アート

Kaori Uchiyama|Beyond Thereー見たことのない風景ー [exhibition]

11月21日(火)- 11月26日(日)
12:00~20:00 最終日は18:00まで 入場無料


想像のプロペラを廻して、空を泳ぎ、呼吸をしながら

1103_001.jpg

 自然と人や生き物とのかかわりに焦点を当てるフォトグラファー、Kaori Uchiyamaの写真展「Beyond Thereー見たことのない風景ー」を開催いたします。
 本展覧会は、屋久島の息をのむ自然をドローンを使って上空から撮影、国際写真賞の「International Photography Awards 2017」に入選した作品を中心に展示します。屋久島の、上空から見る姿をとおし、そこに或る自然と人や生き物とのかかわりについて探ります。

展覧会によせて|statement
日本の南に屋久島という神秘的な島があります。
その小さな島は壮大な自然風景に包まれ、
「生きる」という本質を纏い、
遥か悠久な時間感覚を感じる不思議と惹かれる島でした。
作品群はドローンで撮影しました。
それは、創造にあふれた古代の物語のように、
自分が姿を変えて、
鳥のように飛んでいる視点で見ることができ、
魚のように空を泳ぐことができます。
想像のプロペラを廻して、空を泳ぎ、呼吸をしながら。

千年の時を越えて在り続けている木々を内包する地、理を越える存在感があります。古代の人々は自然に何を感じただろう?人智の及ばない感覚を創造力に変えて物語に紡いだのかもしれない、と思いを馳せます。悠久な時間と共に、ただただ、畏怖、畏敬、そして共にあることを静かに感じます。

人がかかわってきたその山を目の当たりにした時、私は木々が森をのみこんだように感じました。
どこからどこが森なんだろう? そして訪れる毎、屋久島の方々に杉との暮らしなど日々のお話を聞かせて頂きました。風景も人の手と繋がったフレームもなくてはならない境のない一つの世界と思い、屋久島の杉で額装させて頂いております。
この作品展は空間も存在ととらえたフォトインスタレーションです。ぜひ触れて感じて、匂いを味わったり、その場に在って頂けたら嬉しく思います。(Kaori Uchiyama)

Kaori Uchiyama/内山香織|フォトグラファー
国内外の自然や、自然と人や生き物のかかわりをテーマに撮影。
また、子どもたちと一緒に行なう写真撮影をとおして、自然の色や形のおもしろさや、そこから得るハッとする気持ちや想像力を実感するワークショップも開催。
Award
2017「International Photography Awards」入選
2017「LENSCULTURE EXPOSURE AWARDS 2017」エディターズギャラリー選出
2016「International Photography Awards」入選

内山香織website→ KAORI UCHIYAMA PHOTOGRAPHY




共通テーマ:アート
前の3件 | -

top pageへ

gallery fu(gallery and cafe fu)の情報はfacebookでもご覧になれます→f ]facebook

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。