So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Miho Yamazaki写真展|a letter to [exhibition]

3月20日(火)~4月1日(日)
12:00~20:00 日曜日と最終日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊
あの場所と、あなたと私と私たち。

180320_001.jpg
180320_002.jpg
180320_003.jpg

本展覧会は、MihoYamazaki自身が東日本大震災後の東北を歩き、自身の日常を撮った写真と引き換えに東北の人々の手を撮影、それを用いて制作した作品からなる第1部と、彼女以外の人々が生活の中で撮影した被災地にまつわる写真からなる第2部の2パートで構成されます。
決して明確に分かつことのできないこれら2つの部分が展示空間の中で交ざり合うとき、そこにはひとつの結び目が立ち現われることでしょう。
「a letter to」ーあの場所と、あなたと私と私たち。MihoYamazakiが、私たちの日常と生活を問います。ぜひ足をお運びください。

本展覧会は、商業写真発祥の地(日本で初めて写真館がオープンしたことに由来する)横浜市で毎年行なわれている写真映像文化の祭典「PHOTO YOKOHAMA 2018|パートナーイベント」として開催します。

個展によせて
「皆それぞれに生活がある。東日本大震災後、そんなことを考えひたすら自分の日常を撮っていました。その後東北を歩いた私は、その写真を差し上げるのと引き換えに現地の方々の手を撮らせて頂いたのでした。なぜ手なのか? 手は私が愛して止まない身体の一部だからです。そこには生活が刻まれているから。行ないたかったのは、つまるところ生活の交換だったのです。そしてそれは、展示会場をご高覧くださった皆様を巻き込みながら、これからも続くでしょう。(Miho Yamazaki)」

Miho Yamazaki ミホ・ヤマザキ|Philophotographer/Writer
写真においては視線の一方向性ゆえ被写体への暴力や搾取が発生しうるという事実に悩み、自らの行為や行動の記録としての写真を作品表現にすることを試みるようになった。そうした探求の始まりともいえる作品「Overwrite_仮題」で、2014年「第4回トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」に入選。また別の試みとして制作した二重露光を用いたものを主とする複数の作品が「NikonPhotoContest 2016-2017」にて、全て一次審査を通過。2017年6月の群馬県桐生市で開催された「夏至祭 in Kiryu」での展示を経て、2018年3月本展覧会「a letter to」に至る。

Miho Yamazaki website→ こちら

共通テーマ:アート

齋藤杏奈個展2018|ノスタルジア vol.3 [exhibition]

3月6日(火)~3月18日(日)
12:00~20:00日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊


望郷の念「ノスタルジア」をテーマとした個展、第3弾。

anna_001.jpg

gallery fuでは、3年連続3回目となる齊藤杏奈の展覧会「ノスタルジアVol.3」を開催いたします。
2016年3月に開催した展覧会「ノスタルジア」は、福島出身の齊藤杏奈が美術大学の3年生だった2011年3月に直面した東日本大震災から5年後に、初めて故郷への想いに真っすぐと向き合った作品展でした。自身の幼少期の想いや体験を軸にした内容でしたが、翌2017年3月に開催した「ノスタルジア2|月と人獣」では、すべての人が同じように抱く「心の故郷」を突き詰めていきました。
そして今回の「ノスタルジアVol.3」では、齊藤杏奈が描く「故郷」をとおし、私たちが心の奥底にしまい込んでいる普遍的なイメージを引きずり出してくれます。
齋藤杏奈が描く作品の前で、自分自身の「ノスタルジア」をじっくりとみつめたい展覧会です。ぜひ足をお運びください。(gallery fu代表 鈴木智惠)

180306_001.jpg

個展によせて
ノスタルジアとは故郷に懐かしさを覚える一方その故郷に二度と戻ることが出来ないという恐れを抱く病である。既に私にとっての故郷とはもう訪れることのできない記憶の果ての土地なのかもしれない。
東日本大震災を経た2011年3月当時、生まれ育った故郷とは全く別の場所のように福島が私には見えていた。そしておおよそ震災後の1年間私はこの問題に作品を制作することで向き合っていた。そしてその課程で周囲の環境や自分の内面が変化を感じることで、死という普遍的なものとの日常の密接性を再認識し今を生きることこそが私の表現であるという結論に至ったのだ。
今回の展示はその表現の延長であるといえる。東日本大震災を経て私は、自分のアイデンティティの原点はあくまで福島にあることを思い知った。やはり故郷とは離れてこそ思うものであったのだ。

2016年より開催してます「ノスタルジア」の第3弾を開催致します。
すっかりライフワークとなったこのテーマですが、日々作業的にならぬよう制作に向かい合うことを忘れず更なる深みに迫って行きます。(齋藤杏奈)

齋藤杏奈/saito anna
1989年 福島県生まれ
2012年 女子美術大学絵画科洋画専攻卒業
2014年 女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻洋画 修了
主な展覧会
2010年「トーキョーワンダーウォール公募2010」入選(東京都現代美術館)
2010年「世界堂 第6回世界絵画大賞展」協賛者賞(伊研賞)受賞
2011年「TWS-Emerging 2011:168・169・170・171」出展(トーキョーワンダーサイト本郷)
2013年「トーキョーワンダーシード2013」入選
2013年「上海 Shanghai Joshibi Art Gallery Award ドローイング コンペティション」入選
2014年「女子美スタイル2013 超少女(ULTRA GIRL)」選抜(東京都美術館)
2014年「第1回CAF賞」入選
2014年「アートアワードトーキョー丸の内2014」神谷幸江賞受賞
2014年「トーキョーワンダーウォール公募2014」入選
2015年「GOTH Dissection and Suture」ヴァニラ画廊(東京・銀座)
2016年「被災地からの発信 ふくしま3.11以降を描く」福島県立美術館
個展
2010年「adolescence end」ヲウチギャラリー(ニューヨーク)
2010年「untitled」ギャラリー銀座フォレスト(東京・銀座)
2014年 「禁猟 ~両性具有者の森~」ヴァニラ画廊(東京・銀座)
2014年「巨大な悪魔の背を下り、再び現世に誕生す。」gallery fu(神奈川・横浜)
2016年「ノスタルジア」gallery fu(神奈川・横浜)
2017年「ノスタルジア2|月と人獣」gallery fu(神奈川・横浜)
2018年「夜半の森」ギャラリー オル・テール(東京・京橋)
2018年「齋藤杏奈個展2018|ノスタルジア vol.3」gallery fu(神奈川・横浜)
グループ展
2017年「アートは『福笑い』」ガレリア青猫(東京・西荻窪)
2017年 「Livingに飾りたい1枚の絵」gallery fu(神奈川・横浜)
2017年「Face to Face 向き合う顔展2」ガレリア青猫(東京・西荻窪)
2017年「カイカイ愉快な生き物図鑑」gallery fu(神奈川・横浜)
2017年「ガレリア青猫セレクション展|かおとすがた」ガレリア青猫(東京・西荻窪)
2017年「icons|私のアイコン展」ガレリア青猫(東京・西荻窪)
2017年「バリュープライス」いりや画廊(東京・上野)
他 出展、入賞多数
主に日本国内で制作・展示活動中




共通テーマ:アート

gallery fuフォトフェス2018|eyes love Yokohama [exhibition]

2018年1月26日(金)~2月4日(日)
Part 1|eyes love Yokohama style
2018年2月9日(金)~2月18日(日)
Part 2|Cat’s eyes love Yokohama
2018年2月23日(金)~3月4日(日)
Part 3|eyes love Yokohama new landscape

各12:00~20:00/日曜日は18:00 各最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊

横浜を写真で思いっきり楽む6週間!

180111_001.jpg
neco10_001.jpg
0126_003.jpg
180223_002.jpg
gallery fuでは1月26日から3月4日まで、横浜を「ライフスタイル」「横浜に住む猫」「観光地横浜の風景」の3 テーマに分け、それぞれ9 日間にわたり展示する写真展「gallery fuフォトフェス2018|eyes love Yokohama」を開催します。本展覧会は、商業写真発祥の地(日本で初めて写真館がオープンしたことに由来する)横浜市で毎年行なわれている写真映像文化の祭典「PHOTO YOKOHAMA 2018|パートナーイベント」として登録、20人の出展者が写した横浜でギャラリーの壁面を埋め尽くします。フォト映えする街、ヨコハマの魅力をたっぷりとお楽しみください。

Part 1|
eyes love Yokohama style
1月26日(金)~2月4日(日)
12:00~20:00/日曜日は18:00 最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊


イカしてる、モダンな、妖しい、ワイルドな、エッジの効いた、やさしい、スマートな、オシャレな、ユーモラスな、懸命な、誰もが住んでみたいと思う横浜の、ライフスタイル・シーンをさまざまな角度から捉えました。横浜の知られざる素顔に出会えます。

出展者(1月5日現在)
石倉 潤(Ishikura Jun)
市来 久恵(Ichiki Hisae)
生越 文明(Ogoshi Fumiaki)
川口 幸広(Kawaguchi Yukihiro)
川名 マッキー(Kawana Macky)
コバヤシ イッセイ(Kobayashi Issay)
Studio510(スタジオ ゴー・イチ・マル)
松尾 エリカ(Matsuo Erika)
松田 洋子(Matsuda Yoko)
脇川 顕多(Wakikawa Kenta)


Part 2|
Cat’s eyes love Yokohama

2月9日(金)~2月18日(日)
12:00~20:00/日曜日は18:00 最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊


2月22日の猫の日に先駆けて、横浜在住の猫の写真がギャラリーを飾ります。外猫、家猫問わず、イカしてる、モダンな、妖しい、ワイルドな、エッジの効いた、やさしい、スマートな、オシャレな、ユーモラスな、懸命な、横浜の猫に出会えます。

出展者(1月5日現在)
宇田 真由美(Uda Mayumi)
川名 マッキー(Kawana Macky)
コバヤシ イッセイ(Kobayashi Issay)
小林 良佳(Kobayashi Yoshika)
ササキ ヒロシ(Sasaki Hiroshi)
島村 恵美(Shimamura Emi)
フェルナンデス 嘉美(Yoshimi Fernandes )
Fred Vee(フレッド・ヴィー)
松尾 エリカ(Matsuo Erika)


Part 3|
eyes love Yokohama new landscape

2月23日(金)~3月4日(日)
12:00~20:00/日曜日は18:00 最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊


歴史的な建造物群、水辺の近代都市エリア、異国情緒、ミュージアム、テーマパーク、緑豊かな街並み、観光やデートで誰もが一度は訪れたい都市、横浜の風景をこれまでにない独自の視点で捉えた写真が集結します。

出展者(1月5日現在)
大内 雅史(Ouchi Masashi)
川口 幸広(Kawaguchi Yukihiro)
川名 マッキー(Kawana Macky)
コバヤシ イッセイ(Kobayashi Issay)
Studio510(スタジオ ゴー・イチ・マル)
田中 亜弥子(Tanaka Ayako)
どしだ あや(Doshida Aya)
Fred Vee(フレッド・ヴィー)
山田 洋史(Yamada Hirofumi)
 



共通テーマ:アート
前の3件 | -

top pageへ

gallery fu(gallery and cafe fu)の情報はfacebookでもご覧になれます→f ]facebook